栄東まちづくり協議会

 
協議会について 事業について 栄東地区 NEWS一覧 カレンダー 問い合わせ

事業概要


 

街灯整備事業


 

平成29年度報告

街灯のモデル整備

「栄ウォーク街」と表記された栄4・5丁目地区内の300本以上の防犯灯の老朽化が進み、デザイン的にも陳腐化している。今後、継続的に整備していくため、中日ビルの南の東西通りをモデル整備として、20本の建替えを実施した。

平成30年度計画

街灯の更新

平成29年度の街灯モデル整備事業の評価を踏まえ、栄4丁目、5丁目の街灯を更新する。 街灯管理の一元化 栄東地区には町内会(発展会)が道路占用許可を取得し、設置した街灯が約300本あるが、その電灯料、維持管理費の負担、広告料の徴取の有無、故障時等の連絡、修理対応が不統一となっている。さらに平成29年度末から協議会設置の街灯が追加された。 全体的な事務の簡素化、統一化のため、栄東地区の街灯を協議会に移管し、管理を一元化する。 なお、実態調査、中部電力、道路占用手続、広告主との調整等が外部に委託しておこなう。

 

街灯管理の一元化

栄東地区には町内会(発展会)が道路占用許可を取得し、設置した街灯が約300本あるが、その電灯料、維持管理費の負担、広告料の徴取の有無、故障時等の連絡、修理対応が不統一となっている。さらに平成29年度末から協議会設置の街灯が追加された。 全体的な事務の簡素化、統一化のため、栄東地区の街灯を協議会に移管し、管理を一元化する。 なお、実態調査、中部電力、道路占用手続、広告主との調整等が外部に委託しておこなう。